リーダー塾オフィシャルブログ

個人で申し込める、 働く人のための他流試合!リーダー塾の活動や卒業生の声を紹介

リーダー塾 9月のテーマは『強みを活かす』

こんにちは

リーダー塾9期で、新米の新米広報ずんこです。

本日は9月2日に行われたリーダー塾の活動についてレポートします。

 

今月のテーマは『強みを活かす』

 ストレングスファインダー(※)という、強みの診断のツールを使って

34の資質(思考の癖のようなもの)と、その活用について学びました。

 

今月のリーダー塾の講師は、3期のたまちゃん。

ストレングスファインダーにすっかりハマり、リーダー塾卒業後も

その理解を深めるために学習してきたそうで、アネゴに代わって半日の講義をばっちり担当されていました。

f:id:leaderjuku:20170919142851j:plain

 

 10期のメンバーも事前に受けた診断の結果により、自分の強みについてふりかえり、さらには自分以外のメンバーの強みについて、違いを知ることでお互いの理解がさらに深まった様子。ゆっくりとチームワークが育っているように感じました。

 

資質にまつわる体験を全員でディスカッション

f:id:leaderjuku:20170919142951j:plain

f:id:leaderjuku:20170919143048j:plain

 

10月よりいよいよ本格的にプロジェクトリーダーシップ宣言を取り扱います。

どんなチャレンジが始まるか、今から楽しみですね。

 

--------------------------------------------------------------------------------------- 

※ストレングスファインダーとは

アメリカの世論調査と組織コンサルティングのGallaup社が、人の強みを見える化するために開発したツールです。人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して分類し、最終的には34種類の才能分野=資質を特定しました。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを明らかにしていきます。